春先からのケア

クレンジング

改善のカギは種類

肌に過酷な季節は意外にも春で、三寒四温の気候差に加えてバリア機能が回復していないところに、花粉や黄砂などの刺激で、肌は不安定な状態です。クレンジング料で必要な潤いはセーブしつつ、念入りに落とすことを徹底すべきです。クレンジングでは素肌力を改善させることが期待できます。その方法として、肌に負担をかけないよう、毛穴の奥まで優しくオフさせた後、たっぷりの泡洗顔で素肌力をアップさせます。女性にとって、メイクと一緒に埃や花粉などの汚れを落としますが、毛穴の奥まで入り込んだ汚れはクリームやミルクタイプ、オイルタイプもおすすめです。乾燥や、ゆらぎを感じる人はクリーム、しっかりメイクオフさせるにはオイルクレンジングが改善のカギです。ウォータープルーフの化粧品やポイントメイクなど、脂は油で落としやすい性質からも、落とした後肌はさっぱりするのも特長です。肌に負担をかけないクレンジングのポイントは、軽減するにも使用量を守り、顔全体にたっぷりと広げます。頬や額は大きな円を描くイメージ、眉毛や小鼻などの細かな部分は小さな円を描きます。酸化皮脂は際からも分泌されているので、ニキビや吹き出物ができないよう、生え際なども意識的に落とします。汚れや埃を浮かせることがクレンジングの目的で、毛穴に残る酸化皮脂や古い角質に関しては洗顔料の泡で吸着させて落とします。このWの落とすケアを徹底するだけで、肌の透明感に大きな差がつきます。